【利用受付】03-6206-8374
jimukyoku@familyhouse.or.jp

ボランティア活動

2004年6月26日しろくまさんのおうちの10周年記念感謝の集いが開催されました。

港区白金台にあります「しろくまさんのおうち」の10周年感謝の集いが聖心女子専門学校講堂にて行われました。約120名の参加者を迎え、これまでしろくまさんのおうちを提供してくださった聖心会に感謝状が贈呈されました。感謝状贈呈に答えて管区長より「古いハウスでも温かいひととおもてなしがあるほうがいい」という言葉は本当にしろくまさんのこころをあらわしていて、胸にしみました。

また、ペンシルバニア大学病院でパストラルケアの教育を受け、国立がんセンターの小児病棟で1989年以来カウンセラーのボランティアをされ、ファミリーハウス創立を支えたキャスリン・ライリー氏の「子どもたちから学んだこと」の講演では、実際に
体験された子どもたちとの魂の交流が紹介されました。逝ってしまったこどもたちに贈った歌声を会場の皆さんにも披露され、こころにしみいるものがありました。

その後、坂爪まりこさんのフルートと歌の演奏にこころ癒され、ティーパーティでは参加者の皆様が活発に交流されました。近隣の滞在施設運営者のみならず、遠くは熊本、長野からも滞在施設運営者の方がおみえになりました。ティーパーティでは東京大学医科学研究所附属病院のDr.のごあいさつや、しろくま開設から関わられた前院長のメッセージも紹介され、いろいろなひとに支えられて今日までハウスを運営することができたことを皆で確認することができました。絵本の原画展と販売も自由国民社さまのご協力により行われ、絵本は17冊の売り上げをあげることができました。ご協力いただきました皆様、駆けつけてくださった皆様にこころより御礼申し上げます。今後とも私たちの活動を見守っていただければ幸いです。

20040626-1