【利用受付】03-6206-8374
jimukyoku@familyhouse.or.jp

専門性向上の取り組み

第6回オールスタッフミーティングを開催いたしました。

2010年11月20日(土)時事通信社大会議室において、 第6回(2010年)オールスタッフミーティングを開催いたしました。 ボランティア、支援企業の方、他団体の方など約53名の方にお集まりいただきました。 今回は、「ハウスの明日を考える」を全体テーマとして、三部構成で開催しました。

プログラムを通じて、ハウス利用者についての理解を深め、また活動を支えてくださる一人ひとりの支援者の気持ちが積み重なって認定NPOを取得できたことが共有でき、そして、ハウス活動を今後も継続していくうえでの大切なポイントを、皆さんと一緒に改めて確認することができ、大変有意義な時間となりました。

【プログラム内容】

第1部 講演 「もっと病棟の子どもたちを知ろう」
慶應義塾大学病院小児科の福島裕之先生から、子ども心臓病の治療や生活への影響、ハウスで必要な配慮などについて、ご講演をいただきました。

第2部 報告 「一人一人に支えられて認定NPOに」
ファミリーハウスが今年7月に認定NPOを取得できたのは、多くの寄付者の方々から活動を支援いただいており、また、認定NPO取得の経緯でも多くの方々にご支援いただいたことを報告しました。島田会計事務所の林氏、ファミリーハウス監事の成瀬氏からも、認定NPO取得にあたってのメッセージをいただきました。

第3部 話し合い
ファミリーハウスが今後も大切にしていくと考えることについて、参加者の皆さんと一緒に意見交換をしました。

また、時事通信社にご協力いただいている「JPルーム」の見学を行いました。先月新しくオープンした「ひまわりのおうち」、来年春オープン予定の「うさぎさんのおうち」についても紹介しました。

20101120-1