【利用受付】03-6206-8374
jimukyoku@familyhouse.or.jp

広報イベント

アボット・ワールドマラソンメジャーズの取り組みを通じご寄付をいただきました。

アボット・ワールドマラソンメジャーズ(AbbottWMM)シリーズXIからスタートした取り組みであるこのチャリティプログラムを通じ、シリーズを構成する7大会(2017年ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークシティ、2018年東京、ボストン、ロンドンマラソン)において、各大会で4万ドル、計28万ドル(約3,127万円)が寄付されました。

各大会では、マラソン男女・車いすマラソン男女の優勝者たち(計4名)それぞれの名義により、大会寄付先団体の中から優勝者自身が選んだ寄付先へ、各1万ドル(約112万円)の寄付が行われています。

大会当日の表彰式とあわせて行われた贈呈式では、東京マラソン2018優勝者より、東京マラソン2018チャリティの寄付先団体へ目録のパネルが贈呈されました。

ファミリーハウスは、マラソン女子優勝者のベルハネ・ディババ選手に選んでいただき、ご寄付をいただきました。

贈呈式では、ベルハネ・ディババ選手より目録のパネルがファミリーハウス江口理事長へ贈呈され、アボット・ワールドマラソンメジャーズ GM ティム・ハジマ氏とアボット バイスプレジデント クリス・ミラー氏とともに記念写真を撮影しました。

photo_1503

©東京マラソン財団

ファミリーハウスは、東京マラソン2019チャリティ事業の寄付先団体です。

東京マラソン2019チャリティ公式ウエブサイト http://www.marathon.tokyo/charity/