jimukyoku@familyhouse.or.jp

Blog

パンフレット『患者家族滞在施設における相談事業』

独立行政法人福祉医療機構の平成29年度社会福祉振興助成事業から助成を受け、認定NPO法人ファミリーハウスにおける相談事業に取り組みました。 また、ファミリーハウスにおける相談事業についての簡潔にまとめたパンフレットを作成しました。 パンフレットはWEBでご覧いただけます。 http://archive.familyhouse.or.jp/2017wam_soudan/...

Read more

栗山 リツさん

江東区社会福祉協議会発行の「ボランティア便り」でファミリーハウスのことを知り、2015年12月から勝どきエリアでの活動に参加しています。主に毎週水曜日の定期活動のハウスキーピングに参加していましたが、最近はチェックイン・アウトも手伝わさせていただいています。当初お掃除のボランティアは気が進みませんでしたが、何回か参加しているうちにファミリーハウスの活動の理念への理解が深まり、お掃除の大切さを身に染みて感じるようになり、今では利用者さんのことを考えながら心を込めて丁寧に掃除ができるようになりました。 その他この1年半の間で企業ボランティアさんと一緒に小物づくりの作業、発送作業、またフォーラム、東京マラソンなどのイベントでのボランティア活動など楽しい経験もたくさんでき、ファミリーハウスに出会えてよかったと感謝しております。これからも少しでも利用者さんの力になれるように永~く続けたいと思ってますのでよろしくお願いします。  ...

Read more

「理想の家」の実現に向けて、思いが重なる東京マラソン2017 チャリティ

今年も寄付先団体として参加した東京マラソン2017チャリティ。ファミリーハウス支援のために走る165名のチャリティランナーとその挑戦にエールをおくる約120名の応援ボランティアは一体感に包まれました。   2017年2月26日(日)、靖国通りそばの事務局前には、20名が、毎年恒例の浅草橋駅付近には30名の応援隊が集結。声援にこたえるランナーの笑顔やガッツボース、苦しくても走り続ける姿に、応援する私たちが励まされました。  東京駅前行幸通りフィニッシュ付近では、某会議室をお借りしてラウンジを設け、走り終えたランナーやご家族にあたたかい飲み物を用意し、ゆっくり過ごしていただきました。チャリティランナーからは、「私にとっても家族は大きなパワー。病気と日々闘っている子どもたちが家族と過ごす時間を持てるよう、『病院近くの理想の家』の建設のためにこれからも協力したい」と心強いコメントも。「理想の家」実現をさまざまな形で支える人たちの交流の場となりました。 ファミリーハウスは東京マラソン2017 チャリティの寄付先団体です。 東京マラソン2017チャイティ公式ウェブサイトアドレス https://www.runwithheart.jp/...

Read more

ひまわりのおうちで大掃除を行いました!

2017年3月16日(木)ひまわりのおうちにて、株式会社セールスフォース・ドットコムの社員3名にご協力いただき、大掃除を行いました。窓や網戸、外廊下や手すりなどの外回りの掃除も行い、ハウスの中も外も、一段と明るくなりより安心して利用いただけるようになりました。参加者の方からは、「ボランティアというと身構えてしまうイメージがあったが、日常の延長で少し協力することで誰かの役に立てるということが分った」「これからも引き続き協力していきたい」などのコメントをいただきました。...

Read more

ウェブサイトリニューアル

認定NPO法人ファミリーハウスのホームページをリニューアルしました(2017年4月1日付)。 URLは変更ありませんので、「お気に入り」への再登録などは不要です。 ホームページはIT関連のプロボノの皆さまによって運営されています。新しいサイトでは新しい機能により情報発信がしやすくなりました。これまでは月1回の定期的な更新でしたが、今後はより頻繁に情報発信していく予定です。 また新しいホームページでは、ハウスを利用する家族、個人支援者の皆さま、企業のさま、医療期間や行政の皆さま、それぞれにページを分けて情報を伝えるようにしました。ぜひご覧いただければ幸いです。 なお、過去のニュース記事が反映されておりませんが、今後順次掲載していきますので、お待ちいただけますようお願いいたします(2017年4月末完了予定)。 移行が完了するまで、こちらから過去のWEBページをご覧いただけます。 今後もファミリーハウスの活動へのご理解とご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。  ...

Read more

ファミリーハウス・フォーラム2016報告書

2016年8月7日に開催したファミリーハウス・フォーラム2016(平成28年度オートレース補助事業)の報告書が完成しました。 医療・福祉専門職や学生を中心に、約200名の方に参加いただきました。今回のフォーラムは、英国から2名のゲストをお招きし、小児緩和ケアの専門看護師であるフランシス・エドワーズ氏、小児ホスピス利用経験者のダン淳子氏から基調講演をいただきました。 報告書全文をpdfで閲覧することができます。 また、報告書(冊子)は送料のみでお分けできますので、ご希望の方は事務局までお問い合わせください。 <お問合せ先> お問い合わせフォームはこちら 電話:03-6206-8372...

Read more

第17回JHHHネットワーク会議報告書

2016年8月6日に、国立がん研究センター中央病院国際研究交流会館で開催された、全国の滞在施設運営者のネットワーク会議報告書です。 国立成育医療研究センター内に2016年4月に開設された「もみじの家」の滝本悦子看護師長ご講演いただいた他、全国の団体からハウスの新設など新しい活動展開の報告がありました。 会議の内容を逐語録として報告書にまとめました。報告書は送料のみでお分けできますので、入手を希望される方は、事務局までお問い合わせください。 <お問合せ先> お問い合わせフォームはこちら 電話:03-6206-8372...

Read more

慢性疾患をもつ子どもと家族のための患者家族滞在施設の役割

2016年度日本財団助成事業「現在の小児医療における患者家族滞在施設に対するニーズの検討と理想のハウス実現に向けた基盤の構築事業」の一環として実施した、患者家族滞在施設のニーズ調査の報告書です。調査は患者家族、医療従事者、ハウス運営者を対象にアンケートやインタビューを実施しました。 報告書全文をpdfで閲覧することができます。 また、報告書(冊子)は送料のみでお分けできますので、ご希望の方は事務局までお問い合わせください。 <お問合せ先> お問い合わせフォームはこちら 電話:03-6206-8372  ...

Read more

今月の活動一覧(2017/2月)

2017年2月28日(火) ひつじさんのおうち定期活動 2017年2月26日(日) 東京マラソン2017 2017年2月25日(土) 東京マラソン2017EXPO ブース出展 2月度理事会、勉強会(石田也寸志先生) おさかなの家定期活動 2017年2月24日(金) 東京マラソン2017EXPO ブース出展 2017年2月23日(木) 東京マラソン2017EXPO ブース出展 アフラックペアレンツハウス亀戸玩具除菌 アフラックペアレンツハウス浅草橋中途入社社員見学会 アフラックペアレンツハウス運営委員会 2017年2月22日(水) うさぎさんのおうち、かちどき橋のおうち定期活動・PCメンテナンス(ヤンセンファーマ株式会社) 余丁町のおうち定期活動 2017年2月17日(金) ワーキング 2017年2月16日(木) ひまわりのおうち定期活動 おさかなの家定期活動  2017年2月15日(水)  うさぎさんのおうち、かちどき橋のおうち定期活動 余丁町のおうち定期活動 定期運搬  2017年2月14日(火) アフラックペアレンツハウスハウスマネージャ合同ミーティング ひつじさんのおうち定期活動 2017年2月13日(月) ハウスマネージャリーダーミーティング 2017年2月11日(土) 国立成育医療研究センター国立小児がんディイベント参加 2017年2月10日(金) ボランティア説明会 2017年2月9日(木) おさかなの家定期活動 アフラックペアレンツハウス浅草橋玩具除菌 出張ボランティア(ジヤトコ株式会社) 2017年2月8日(水) うさぎさんのおうち、かちどき橋のおうち定期活動(ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社コンシューマーカンパニー) 余丁町のおうち定期活動 2017年2月4日(土) かんがるーの家定期活動 2017年2月3日(金) 武田薬品工業株式会社にて講演「患者を支える家族を支える~ファミリーハウスの26年~」…...

Read more

武田薬品工業株式会社にて、活動内容講演とボランティア活動を実施

■ファミリーハウス活動内容講演とボランティア活動を実施しました 2017年2月3日(金)16:00~17:30に武田薬品工業株式会社本社会議室にて、中継をつなぐなどして全国で約260名の方が参加されました。 今回の講演は国内の事業部門が主催し、医療の一端を担う従業員が患者さんや親御さんの置かれている状況を肌で感じる機会にしたいという意向で行われました。 植田事務局長の挨拶とファミリーハウスDVD視聴後、約40分の講演。ボランティア活動、振り返りという流れでした。ハウスの役割とどんな方のためにあるハウスなのかが伝わる講演となりました。スタンドアップカードは、ハウスに滞在した時にインスタントカメラで撮影した写真を入れてベッドサイドや自宅に飾っておけるカードフレームです。どのような人のため、何に役立てる作業なのかが講演で伝わっているため、ひとつひとつ丁寧に心を込めて作業していただきました。...

Read more