【利用受付】03-6206-8374
jimukyoku@familyhouse.or.jp

出版物

『病気の子どもと家族の滞在施設を運営するために大切にしていること [ハウスゆいまーる]』

『病気の子どもと家族の滞在施設を運営するために大切にしていること [ハウスゆいまーる]』

2013年11月に、 病気の子どもと家族に役立つハウスを今後も運営 していくために、私たちがこれまで大切にしてきたことを、新しいボランティアやスタッフとも共有できるよう「言葉」にし、小冊子にしました。
この冊子は、武田薬品工業株式会社からの助成をうけて2010年から3年プロジェクトで実施した「患者家族滞在施設運営担当者の専門職確立のための研究・研修事業」の成果です。
団体内でのインタビューだけでなく、国内外のハウスに関連するプロフェッショナルへのインタビューも通じて、言葉を慎重に選んで作成しました。
この冊子を、2013年11月に沖縄で開催された第14回JHHHネットワークで全国のハウス運営者の皆様に報告しましたので、沖縄で相互扶助を意味する「ゆいまーる」から、冊子の愛称を「ハウスゆいまーる」としました。
これから、このハウスゆいまーるにもとづいて、新しく活動に加わっていただく皆さまともハウスの目指す方向性を共有し、力を合わせて、よりよいハウスづくりに努めていきます。

また、冊子を送料のみでお分けできますので、 ご関心のある方は事務局までメール、FAX、お電話にてお問い合わせください

yuimal