ご挨拶 | ファミリーハウスとは | ファミリーハウスの歩み | 組織の概要

ご挨拶 
                       認定特定非営利活動法人ファミリーハウス
                       理事長 江口 八千代

認定NPOファミリーハウスは1991年に産声をあげました。私はファミリーハウスの立ち上げ初期から携わってまいりました。当初は、難病の子どもと家族のために安価で、かつ安心・安全に滞在できる場所、そして悩みを話せる場所としての滞在施設を提供することで、子どもの看護に専念できるような「もうひとつの我が家」ができたらどんなによいだろうとの考えで運動が始まりました。運動を展開する過程では先行きが見えずに本当に「もうひとつの我が家」なんてできるのだろうか、と考え込んでしまうこともありました。しかし、この運動に共感して部屋を提供してくださった篤志家や多くのボランティアに恵まれて、現在のような大きなうねりへと展開してきました。

この活動は多くのボランティアの力によって支えられてきました。初期はボランタリー運動として、根付くのだろうかと心配もありましたが、息の長い活動として定着してまいりました。

この間、ファミリーハウスを取り巻く社会情勢も変化しています。1999年にNPO法人格を取得、大型ハウスの登場、企業のボランティア参画、ハウスの全国ネットワーク化など新たな取り組みも展開してきました。1997年から全国各地の滞在施設とのネットワーク会議を開催していますが、第6回ネットワーク会議において、「ファミリーハウス運動がより広くなっている。今後は深さと広がりをもってこの運動を捉えていかなくてはならない時代になった。」と長坂寿久前理事長は述べています。まさにそのとおりと考えます。

このように大きくなってきたファミリーハウスの課題としては、医療やご家族のニーズの変化に対応していかなくてはならないことや、安定的資金の確保、ボランティアの育成、リスク管理、ハード面では施設の老朽化への対応も必要になってくると思われます。

故大平睦郎元理事長がファミリーハウスの礎を築いてくださり、長坂理事長が企業の参画などで社会の認知度を上げファミリーハウスを成長発展させてくださいました。お二方の後任といたしまして、重責に不安でいっぱいです。

変わっていくファミリーハウスと変わらないファミリーハウスを大切にしつつ、原点はご家族が安心してファミリーハウスを利用でき、安定した気持ちで子どもの看病に専念できるように、さらにはファミリーハウスを利用することで子どもの看病の活力となれるよう援助していくことがファミリーハウスであるということを忘れずに皆様と歩んでいきたいと思っております。皆様のご理解とご協力を何卒よろしくお願い申し上げます。



江口八千代(えぐちやちよ)
認定特定非営利活動法人ファミリーハウス 理事長
元 独立行政法人国立病院機構 相模原病院 看護部長


 
copyright